COLUMN

肌のこと SKIN

お肌の乾燥気になりませんか?

2021年11月30日
肌のこと

こんにちは。

グラン治療院の小早川です。

みなさんは「お肌の乾燥」が気になったことはありませんか??

私は寒い時期になるとお肌が乾燥することがとても悩みでした。

もしかすると同じお悩みの方もいらっしゃるのではないかと、乾燥の事についてお話しさせて頂きます。

 

お肌はなぜ乾燥するの?

しっかりとスキンケアなど行っているはずなのに、かさついてきたり、お肌につっぱりを感じたり…

そのようなお悩みはありませんか?

そもそもなぜ乾燥してしますのか気になりますよね?

 

お肌が乾燥する原因

生活習慣による影響

●紫外線

●年齢

 

●生活習慣による影響

皮膚には「ターンオーバー」と言われる、細胞が生まれ変わる周期があります。

その周期は約4~6週と言われておりますが、栄養不足や睡眠時間が不規則になることで、細胞のサイクルが乱れてしまいます。

過度なダイエットや偏食も良くありません。

さらに、普段のスキンケアのやり方によっても乾燥を悪化させてしまう事があります。

クレンジングや洗顔をするときに、肌をごしごしこすったり、熱いお湯で洗ったりしていませんか?

そういった刺激もお肌のバリア機能を低下させてしまうのでNGです!

 

●紫外線

紫外線によるダメージを受けてしまうと、お肌の内側を守ろうとターンオーバーのスピードを速め、急いで角層細胞を作ろうとしまうす。

「ターンオーバーは遅いのは良くないと思うけど、速いのは良いんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、「速い」ということは「充分な時間をかけずに角層細胞を作る」ということです。

未成熟のままできあがた角層細胞は潤いを持たず、乾燥したまま出来上がってしまいます。

 

年齢

角層内の天然保湿因子(NMF)や皮脂(皮脂幕の主成分)は、年齢とともに減少します。

それに伴いお肌のバリア機能が低下し、外界からの刺激に弱くなってしまいます。

 

お肌の乾燥をケア

では、お肌の乾燥を止めるにはどうしたらよいのでしょうか?

対策についてお話いたします。

 

●保湿

洗顔のしすぎは肌に過度な刺激を与えたり、肌に必要な保湿成分を失ったりすることにつながります。

洗顔は朝と夜の1日2回までにしておくことがおすすめです。

洗うときは洗顔料をたっぷりと泡立てて、お肌に直接手が当たらないように泡で洗いましょう。

すすぎは洗顔料が肌に残らないようすみずみまで洗い流してから、清潔なタオルで水気を拭き取りましょう。

洗顔を行った後は乾燥しやすいので、すぐに化粧水や乳液をで保湿を行ってください。

 

 

●生活習慣を見直す

規則正しい生活がお肌のダメージの1番の予防です。

栄養の取れた食事、とくにビタミンが不足するとターンオーバーも乱れてしまいますので、偏食や過度なダイエットは控えるようにしましょう。

また、睡眠時間は可能な限り7~8時間取るのが理想です。

夜更かししたり、寝る前にスマートフォンを見たりすると体内時計が乱れてしまいますので、お肌のためにもしっかりと睡眠時間を取ってあげて下さいね。

 

●美容鍼灸

美容鍼灸で得られる効果の1つに、「肌質改善」があります。

お肌に意図的に傷を与え、自分の力で修復する作用「創傷治癒」が働くことで肌質の改善が起こります。

ターンオーバーがうまく働いていないと、古い角層細胞も剥がれ落ちにくくなります。

そして古い角層細胞がそのまま何層も重なるとさらに乾燥が進行してしまいます。

美容鍼灸を行うことで乱れたターンオーバーが整い、さらに新しい細胞が生まれ変わる工程でヒアルロン酸などの細胞の維持に不可欠な物質も出てきますので、もちもちした潤いのあるお肌を手に入れることができるのです。

 

最後に

鍼灸を経験したことがなく怖いという印象をお持ちの方は多くいらっしゃいます。

それは普通だと私は思います。

1度の勇気を出すのもなかなか時間がいりますよね。

ですが、後悔させない自信はあります!

「やってよかった!」と思って頂けるような施術の提供を行っておりますので、ぜひ一歩踏み出してみてください。

ご満足いくまでお手伝いさせて頂きます。

いくつになっても若々しくきれいなお肌を手に入れましょう!!

私が書きました!

小早川 光HIKARU KOBAYAKAWA

鍼灸師

所属:グラン治療院横浜スパイアス院
プロフィールはこちら

INFORMATION