COLUMN

冷えのこと COLD SENSITIVITY

顔のクマの正体:クマの原因

2023年10月17日
冷えのこと

こんにちは、グラン治療院の中村です。

お顔のクマは多くの人が日常生活で経験する美容上の問題の一つです。

 

「クマ」は肌の血流循環やしわ、たるみなどで現れ、外見の印象に影響を与えることがあります。

 

まず、クマは大きく「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3種類に分かれます。

 

見分け方法

「青クマ」→目の下を引っ張ると色が薄くなる

「茶クマ」→目の下を引っ張っても色が変わらない。

「黒クマ」→顔を上に向けたときに無くなる。

 

 

青クマ

青クマは皮下の血管や静脈に関連しています。

血管が皮下で拡張したり、血流が滞ったりすること(血行不良)によって現れます。

 

主な原因は血行不良は勿論、眼精疲労、ストレス、遺伝的要因です。

また、静脈が目の周りで膨らんでクマに見えることもあります。

 

青クマの最大の改善方法は生活習慣の見直しです。

 

・十分な睡眠時間の確保

・バランスの良い食生活

・適度な運動

・冷たい飲み物は控える

 

これら4点を意識的に生活を送ってみてください。

 

それにご自宅でのセルフケアでは

血流改善の為に入浴やホットタオルなどでケアを行うことも重要です。

これからの季節でますます体が冷えやすくなりますので

今現在で「青クマ」にお悩みの方は早めにケアを行っていただきたいです。

 

茶クマ

主な原因は紫外線によるメラニン色素の沈着によるものです。

メイクをされる方はしっかりと落としきれていないことも原因の一つです。

 

その他の原因

ホルモン変化

特に妊娠、出産、生理、およびホルモン置換療法などがメラニン色素の制御に影響を与え

茶クマを引き起こす可能性があります。

 

炎症や皮膚の損傷

皮膚の炎症や損傷が茶クマの原因となることがあります。

傷跡、にきび跡、ある種の皮膚疾患による炎症は、色素沈着を引き起こすことがあります。

 

加齢

加齢により、肌の新陳代謝が鈍化し、メラニンの制御が難しくなるため、茶クマが発生するリスクが増加します。

 

茶クマを改善させるためには極力、目元を触らず摩擦を起こさないようにし

スキンケアでしっかりと保湿を行うこと、美容鍼でもターンオーバーを正常に整えることができ

肌質改善を行うことでクマの改善に繋げられることもできます。

 

 

黒クマ

主な原因は加齢による筋力の低下だと言われています。

 

顔周りにある筋肉(前頭筋、側頭筋、眼輪筋)などを美容鍼でアプローチすることで改善します。

なかなか美容鍼やエステに行く機会を作れない方などは

ご自宅で目周りや頭部のマッサージをセルフケアで行うことでも改善に繋がります。

 

茶クマや黒クマなどはケアをし、改善するまでに数カ月から1、2年ほどかかるといわれております。

 

早めに改善することで、このようなトラブルを未然に予防することもできます。

もし少しでも思い当たったら、早めにケアを始めていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が書きました!

中村 峻也TAKAYA NAKAMURA

鍼灸師

プロフィールはこちら

INFORMATION